タビのブログ…  車中泊にはまりそうです

ニホンノタビノシタク

静岡県

旧マッケンジー邸のレトロかわいいパーツたち。

更新日:

makken52016-10-23
ふと、旦那がマ?????邸行ってみようと言いました。
私は全く知らない名前。
グーグル先生に聞きます。
マッケンジー邸っていうらしい。
150号線沿いにあるらしい。

という曖昧な情報だけで車を走らせます。

150号線を走っていると、洋館独特の外観が見えてきました。
でもどこから入っていいかわかりません。
空き地に車を止め歩いていきます。

自転車で来ていた方も迷っているらしく一緒に探します。

結局裏の家の方に聞き、やっと正門にたどりつけました。

わかりづらすぎます。
駐車場もあるのかないのか最後までわからず。
空き地に止めたまま、入ってしまいました。

この外観いいです。
この道何回も走っているのに気が付かなかった。
スパニッシュ瓦の屋根、スタッコ仕上げの壁、アーチ型の窓、ロートアイアンの装飾。
the 洋館ですね。
makken1

中に入ると、ボランティアのガイドの方が説明してくれました。

お茶の貿易をやっていたマッケンジー夫妻が住んでいた家で、
とってもいい人だったという事。
近所の子供たちを集めて、洋風のお菓子なんかを作ってあげていたみたい。

入場無料でした。

中でも階段が素敵で。
makken2
高い窓から差し込む光が心地よい。
踊り場のベンチは何時間でも座ってられそう。

こういう建物を見たとき、私はど~しても小さいパーツに目がいっちゃいます。
レトロかわいさがたまんないです。
makken3

なんだろ??昔の洋物のパーツってかわいさがある。
丸をふんだんに使っているからかなあ。
makken4
最近すっかり、家電なんかもこの手のデザインはなくなってしまった。
makken5
復刻版とかでてても、少し違うし。
作れそうでつくれなさそうな。
makken6
この蛇口なんて回すとこもかわいいけど、ベース部分の曲線もかわいい。

回しやすそうだし。

 

陶器と鉄っていうのがいいのかなあ。
makken7

 

このドアノブもいい。
ちょっとフランク・ロイド・ライトちっく。
makken8

 

 

 

 

やっぱりここのベンチきもちいいっす。
makken9

 

建物の概要

所在地    静岡市駿河区高松2852番地
構造     木造地上2階地下1階建塔屋付・洋瓦葺
規模     敷地面積:3,134.66㎡ 建築面積:282.10㎡
延床面積:555.66㎡
設計者   ウィリアム・M・ヴォーリズ(近江八幡市名誉市民)
登録     国登録有形文化財(平成9年12月12日登録)

スポンサードリンク



スポンサードリンク



この下のボタンをクリックしていただけたらきっと泣けてしまいます。

-静岡県

Copyright© ニホンノタビノシタク , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.